2010年4月19日月曜日

ページの表示スピードがGoogleの検索ランク影響

TechCrunch Japanを見ていたら、ページの表示スピードがGoogleの検索ランク影響するようになったそうです。


TechCrunch 検索のランク付けでGoogleはサイトのスピードを重視-それを好機として生かそう


ざっと見ると
・表示があまりにも遅いホームページのランクが悪くなる
・今の所、表示の遅いホームページ(全体の1%程度)のランクに影響がある
・有名大企業の平均ロードタイムは7秒程度(WebPagetestでの調べ)
ということだそうです。


GoogleのWebmaster Central Blogを見るとスピードを測るために以下のものを使うと良いと書かれています。
Page Speed:Firefox/Firebug アドオン
YSlow:フリーのYahoo!ツール
WebPagetest
Webmaster Toolsの中のSite Performance

「数年後はベタにテキスト書くだけが有効だ!」
になっていたりして

0 件のコメント:

コメントを投稿