2015年3月9日月曜日

そもそもWordPressってなによ。

今回は弊社のホームページや、Smart動態管理のホームページに使っている
WordPressってそもそもどういうものなの?ってことでまとめてみたいと思います。



WordPressとは?


 WordPressはオープンソースのブログ/CMSプラットフォームです。 セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

と、日本語ローカルサイトにあります。

これを言い換えると…

  WordPressは無料で公開されたソースコード(言語)でできていて、ブログやウェブ上のコンテンツ管理システムに用いる基盤システムです。これを使ってブログやウェサイトを作成することができます。
ただの言語ではなく、それらが何を意味しているのか、コードやデザインの美しさ、Web標準の規格、使い勝手を意識して開発されており、無料でダウンロードして使えます。

ということです。

まあ、一言でいえば無料で使えるブログ/ウェブページ作成ツールです。


 つまり、今までブログやウェブページを作るためには自分でHTMLなどの言語を用いて作らなければならなかったのですが、WordPressを使えば簡単にかつ無料で作ることができるようになったよ!ということです。



WordPressのメリット

WordPressは無料で使えるだけではありません。
1、簡単にインストールでき、すぐに始められる
2、拡張性に優れ、自分の使いやすいようにカスタマイズできる
3、テーマ、テンプレートなどがいっぱいある
4、簡単に書ける、編集できる
などがあげられます。

1、簡単にインストールでき、すぐに始められる

 WordPressはすぐに誰でもはじめられます。インストールから登録まで5分程度で終わってしまいます。(サーバーを持っている場合)
 レンタルサーバーもあるので、そちらでサーバーを借りればすぐにインストールできますよ。


2、拡張性に優れ、自分の使いやすいようにカスタマイズできる

 WordPressはオープンソースで書かれていることもあり、無料や有料で非常に多くのプラグインというものが用意されています。
プラグインとは、追加機能のことです。
このプラグインが充実しているため、初心者でもプラグインを追加することで簡単にプロのように凝ったサイトにすることができます。


3、テーマ、テンプレートなどがいっぱいある

WordPressは世界中に利用者がいるため、その人たちが無料または有料で多くのテーマやテンプレートを公開しています。
自分が気に入ったテーマを見つけて使うことができます。
着せ替えのように楽しめるのもポイントですね。


4、簡単に書ける、編集できる

HTMLなどでサイトを書く際には、文字の大きさやリンクをひとうつひとつ設定する必要がありました。
しかしWordPressではボタンひとつで編集できます。


 WordPressのデメリット

一方でデメリットもあります。
1、情報のメインが英語である
2、MySQLのサーバーが必要
です。

1、情報のメインが英語である

現在では日本語での説明もありますが、プラグインページや管理ページでは英語がメインとなっています。
英語が苦手な人は少しつらいかもしれません。


2、MySQLのサーバーが必要

自分でできなければレンタルサーバーを使わなければなりません。



以上のようにWordPressにはメリット・デメリットが存在します。
しかし、デザイン的にも美しく、編集が容易なため現在世界中で多くの企業が採用しています。

ぜひ、みなさんもこの機会にサイトを一新させてみてはいかがでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿