2020年4月16日木曜日

リモートで仕事する

初めまして、新入社員の直井です!
ブログを書くという行為自体がはじめてですが、よろしくお願いします。
そんな、ブログ初心者による投稿です!よろしければ最後までご覧ください....

巷では、新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務リモートワークが注目されています。
しかし、リモートワークってどうすればいい?どのように行えばいい?など様々な
問題があります...
オンラインコンサルタントでは、Teamsを利用して連絡を行っています。Teamsでの実例活用例として紹介していきたいと思います!


一日の流れ



始業
・Teamsのチャンネルに、その日に行うタスクを書いて始業する。
右上のスタンプのようにリアクションがあると
見てくれているという安心感がある。









業務
・連絡等(Teams)
 ー特定の一人と連絡を取る場合場合ー
  →チャットで連絡をする。
  ー全体、グループ単位に連絡する場合ー
  →チームのチャンネルで行う。(全体、課ごと、役職など分けてチャンネルを設置し                                                     てあるので、必要な場所で連絡する。)
・ミーティング/会議(Teams)
 始業開始の投稿を見て、ミーティングメンバーの集まれる時間を指定し行う。
 ビデオ通話機能を使用して、顔を合わせて会議を実施する。
      →内容は、Teams内の議事録に記録。
休憩
・Teamsに、自分の始業開始投稿に返信する形で、休憩開始/終了の連絡をする。


終業
・Teamsに、自分の始業開始投稿に返信する形で、終業とタスク進捗具合の連絡をする。
これが一日の連絡まとめ
終業時もリアクションがあると安心する.....















おわりに

勤怠業務についてTeamsにて連絡を取っている。
会議議事録などもTeamsで行う。

一つのコミュニケーションツールにまとめていると、一目で確認できるのでいいですね。
Teamsがいい!というわけでなく、情報を一元化することが、リモートでもいいコミュニケーションが築けるのかもしれません....。

Microsoft Teamsについて こちらから(※新しいタブで開きます)