2009年5月28日木曜日

9091万人

インターネットの利用者数がどのくらいか調べる機会がありました。
僕の感覚からすると3000万~4000万人ぐらいかなぁと思っていました。
こういうことを調べるには国のページを見ると良いはずです。
一次情報にタッチできるのはWebの大きな利点です。

ということで総務省のページを見てみました。
国のページなのに、Google カスタム検索があって微妙な気分です・・・
でもどこに必要な情報があるのか分からないのでGoogle カスタム検索を使いました。
「インターネット利用者数 平成20年」と検索すると平成20年「通信利用動向調査」の結果 というのが見つかりました。

これによると・・・
インターネット利用者数は9091万人です!
3000万~4000万人は8年以上前のようです。

別添(PDF)の資料を見ると色々と興味深いことが書いてあります。
一つだけ挙げてみると

インターネット、企業内LAN等を利用する上での問題点(企業)(複数回答)
  セキュリティ対策の確立が困難61.8%
  ウィルス感染に不安59.2%
  従業員のセキュリティ意識が低い40.5%
  運用・管理の費用が増大38.8%
  運用・管理の人材が不足36.9%
  障害児の復旧作業が困難26.6%
  通信料金が高い21.1%
  導入成果の定量的把握が困難17.7%
  通信速度が遅い11.8%
  導入成果を得ることが困難11.6%
  認証技術の信頼性に不安6.4%
  著作権等知的財産の保護に不安6.2%
  電子的決済の信頼性に不安5.7%
  その他1.6%
  特に問題点なし4.3%
  無回答1.9%
  (総務省 平成20年通信利用動向調査の結果より)


問題点の上位3つはセキュリティに関することです。
4位にやっと費用が入ってきます。
価格よりセキュリティ・・・信頼性・・・信用

Webで足りないのは「信用」ってことでしょうか。

1 件のコメント:

  1. すごいね。
    みんなそんなに不安なんですか。
    通信速度が遅いとか、通信料金が高いとかもまだあるんだね。

    返信削除